ホワイト系バイトをするために、ブラック系バイトを見分けよう!

ブラック系バイトの見分け方

ブラック系バイトにつかまってしまって辞めるに辞められず追い込まれている学生がたくさんいることをご存知でしょうか?「とりあえず入社してみて、万が一ブラックだったら辞めればいいや」なんて気楽に考えている人は、要注意です。学生の立場の弱さにつけ込んで、違法な労働条件で働かせるのがブラック系バイトの特徴のひとつ。正社員でも追い込まれて悩んでいる人が多々いるのです。学生はブラック系の気配がするバイトには近づかないのが一番です。

立場の弱さにつけ込む

近年ブラック系バイトが増えてきています。ブラック系バイトとは、学生が労働に関する法律に無知なことをいいことに違法な働かせ方をするバイトのことを言います。学生がブラック系バイトで働くと、重い負担によって学生生活にまで悪影響をおよぼします。ブラック系バイトが増えた理由は、世の中の雇用形態が変化したことにあります。バイトや派遣といった非正規雇用者が増えたため、以前であれば正社員がやっていた責任の重い仕事を学生アルバイターがしなければならなくなったのです。

立場の弱さにつけ込む 詳しくはこちら

職種別の特徴

最近話題のブラック系バイトの特徴を職業別に見ていきます。共通して見られる特徴として、求人をいつも出しているお店はバイトが寄ってこないお店ですのでブラック系バイトの可能性があります。塾講師のバイトは給料が高く見えますが、準備にかかる時間が長いため実際の給料はかなり低くなるケースが多いようなので注意が必要です。居酒屋のバイトは残業が多く、中にはサービス残業を強いる所もあるなどブラック系バイトの確率が他と比べて高いようです。引越のバイトの中には自腹で弁償させるところがあるため注意が必要です。

職種別の特徴 詳しくはこちら

ホワイト系ブラック企業に要注意!

ブラック系バイトといえば劣悪な労働条件で働かせるというイメージが強いですが、労働条件そのものは良くてもやっていることが犯罪そのものという「ホワイト系」ブラック企業については見過ごされがちです。ある詐欺集団は比較的高い固定給に加えて福利厚生もしっかしているなど、その労働条件の良さでも話題になりましたが、たとえお金が儲かっても犯罪行為に手を染めることは褒められたことではありません。ホワイト系ブラック企業には近づかないこと。もしそういう組織に所属していたら即座に辞めるべきなのです。

ホワイト系ブラック企業に要注意! 詳しくはこちら