ブラック系バイトの特徴を職種別に知ろう

職種別の特徴

ブラック系バイトが最近話題になっています。ブラック系バイトとは、雇用契約をよく知らない学生がターゲットにされ、休憩時間を与えずに働かせたり残業代を支払わなかったりする他、本業である学生生活に影響が出るほどのことをさせるバイトのことを言います。ホワイト系のバイトを選ぶためには、ブラック系バイトがいったいどういうものなのか知っておいたほうが良いでしょう。ここではブラック系バイトの特徴を職業別に紹介したいと思います。

共通して使えるブラック系バイトの見分け方

どのバイトにも共通して使えるブラック系バイトの見分け方がありますので、まずはそれを紹介しましょう。
みなさんがスーパーやコンビニに行った際、バイト募集の張り紙がされているのを見たことがあるかと思います。この募集の張り紙がいつまでも貼ってあったり、求人チラシで頻繁にバイトを募集しているようなお店はできるだけ避けたほうが良いでしょう。求人の張り紙がいつも出ているようなお店は、人が集まらない理由があると見るべきです。
ブラック系バイトのお店では、働いていた人がそのお店を辞めた後に悪い噂が広まるなどして人が集まらなくなることがあります。また、働く環境が悪いお店にも人が集まりません。そういったお店の可能性があります。なお、あらかじめブラック系バイトを避けられれば良いのですが、万が一ブラック系バイトに就いてしまった場合は誰かに相談するようにしましょう。学生ユニオン(学生アルバイトのための労働組合)に相談するのもよいでしょう。

小売業のバイト

小売業にはブラック系バイトが多く潜んでいます。小売業ではお店に販売ノルマを課していることが多くありますが、この販売ノルマをアルバイトに押しつけているお店があります。これはとくにシーズンものの食べ物(恵方巻きやクリスマスのケーキなど)の販売でよく見られます。ただし、店長の独断でバイトにノルマを課すケースが多くあるため、同じ系統のすべてのお店がブラック系バイトだというわけではありません。
また、カフェバイトは人気ですが、人数が少ない中でやっているため人が足りない時間にシフトを無理に入れるようなお店があるようです。お店を何回か訪れてみて、店員数がほぼ一定のところを選ぶようにしましょう。

塾講師のバイト

塾講師のバイトの求人を見ると、授業一コマあたりの給料が高くてとても魅力的に見えますが、落とし穴があります。授業をするためには、授業の準備時間が1時間から2時間程度必要となります。塾にもよりますが、この準備時間に対して賃金が支払われないところが多いようです。高くみえる塾講師の給料ですが、準備の時間を労働時間として考えると実際の時給は半分程度にまで下がる可能性もあります。もし塾講師のバイトをするのであれば、準備の時間を含めた上で賃金を計算してみましょう。また、塾によっては準備時間に対しても賃金が支払われるところもあるようですので、できればそういった塾を選んだほうが良いでしょう。

居酒屋のバイト

居酒屋のバイトはブラック系バイトとしてよく知られています。残業が多いため、学生が居酒屋でバイトをすると本業の学業にまで影響を及ぼす可能性もあります。また、残業代をきちんと支払わずにサービス残業をさせるお店も多いようです。基本的には居酒屋でのバイトは避けたいところですが、もし働くのであれば前もってお店に行ってみて店員が元気に働いているか調査してみることをおすすめします。

引越しのバイト

引越しのバイトは給料が良いところが多く、シフトに関しても学生生活に影響のないように入れられる企業が多いようですので、基本的にはおすすめのバイトです。しかし中には、荷物を運ぶ際に傷を付けてしまった場合、自腹で弁償させるようなところがあるようです。弁償で給料がすべてふっ飛んでしまったという話もあるようですので、引越しのバイトをするのであればきちんとした引越し業者を選ぶようにしましょう。