バイトするならホワイト系バイトを見つけよう!

ホワイト系バイトを見つけよう!

とにかく時給が高いところを基準にバイトを選ぶという人は特に注意が必要です。お給料が不自然に高いということはそれなりの裏があると思ったほうが無難。ブラック系バイトの可能性があります。低すぎず高すぎずごく一般的な給料設定であり、かつ労働条件が明確に記載されていることが、ホワイト系バイトを見極める際に最低限チェックすべきポイントです。ホワイト系バイトの条件は「社員・スタッフを大切にしてくれるかどうか」という点です。

時給よりも安心感

ホワイト系バイトとブラック系バイトの大きな違いは勤務期間の長さです。ブラック系バイトでは時給は高いものの精神的に壊れてしまったりして結果的にお金が貯まらないことも多い反面、ホワイト系バイトは時給はそれなりですが長く安定して続けられるのでお金が結果的に貯まり、人生を充実させることができます。また、アンケートでは9割近くがホワイト系バイトに就きたいと考えていて、ホワイト系バイトの求人は狭くなる一方かもしれません。

時給よりも安心感 詳しくはこちら

基準は労働条件

ブラック系バイトが社会問題になっている現状で、バイトをしたい人がやるべきことは「その企業がホワイト系であるかどうか」をチェックすることです。ホワイト系を見分ける条件としては、そこに勤める正社員の給与が良い、正社員の勤続年数が長い、社内で不正が行われていない、そもそも反社会行為に手を染めていないなどの条件があります。いずれの条件も「その企業が人を大事にするかどうか」につながっています。ホワイト系バイトにありつくためには、人に優しい企業を選びましょう。

基準は労働条件 詳しくはこちら

ホワイト居酒屋は「お客様よりスタッフ」

ホワイト系バイトの居酒屋を見つける時のポイントは、まず社員が面倒見がよく、イキイキと働いているかどうかということと、相手のことを思いやることができる心の余裕をもって働けているかどうかという点といえます。そんな人を大切にする社風のある会社でのバイトなら、ホワイト系バイトということができるでしょう。居酒屋でのホワイト系バイトを探す時には、これらのポイントに注意しながらバイトを探すようにすると良いでしょう。

ホワイト居酒屋は「お客様よりスタッフ」 詳しくはこちら