居酒屋のホワイト系バイトは「お客様よりもスタッフ」

ホワイト居酒屋は「お客様よりスタッフ」

外食業界は肉体的にも精神的にも厳しいイメージがあります。特に居酒屋チェーンは労働時間が長いブラック企業という印象を持たれてしまう会社も少なくありません。しかし、そのような居酒屋チェーンにも数少ないホワイト系バイトが存在します。過去に東京都内でバイトをしていたある男性は、その頃を振り返り、とてもいい居酒屋でバイトをさせてもらったといいます。では、ホワイト系バイトを見つけるためにはどんなポイントに気をつけるといいのでしょうか。

社員が面倒見がいいかどうか

まず、バイト未経験で仕事もなかなか覚えられないバイトの店員に、接客からお酒の作り方まで親身になって何カ月もかけ育ててくれる店長や社員がいるかどうかということが一つのポイントといえます。また、旬の刺身や季節ごとに変わるメニューをきちんと試食させてくれるかどうかという点も一つといえます。例えば、カツオやブリの刺身を毎回食べさせてくれる社員がいるかどうかという点はホワイト系バイトを見つける上でも大きなポイントになっています。
そして、仕事が終わると皆で飲みに行くことがあるかという点も大事です。バイトだけでなく、社員も就労時間がキッチリしているからできることでもあり、メリハリがあるから仕事も気合が入っているということといえます。

気持ちの余裕があるか

また、働く人が気持ちに余裕をもって毎日働いているということも大切なことです。気持ちに余裕があるから従業員にもお客さんにも、きちんと気持ちよく接することができるということになります。そんな社風のある居酒屋がホワイトといえます。社風は会社全体に影響を与えるため、ごくごく自然に気持ちよくお客が通えるお店づくりは、社員を大切にしてきた待遇や教育の賜物といえます。
その時に働いていたことを振り返った男性は、今でも昨日のことのように楽しく懐かしい記憶がよみがえるそうです。そんな思い出を残せるくらい素敵なお店ならお客もまた来たいと自然に思えるのも納得できます。

社風がしっかりしているか

社員を大切にしてくれるため働く時に気持ちの余裕が持てる居酒屋。そんな居酒屋だからこそ、当時バイトだった男性の心に温かい思い出として残っているのでしょう。
ホワイト系バイトの居酒屋を見つける時のポイントは、まず面倒見がよくてイキイキ働いている社員がいるかどうかということ。人を大切にし、相手のことを思いやることができる心の余裕をもって働けているかどうかの2点であるといえます。そんな社風のバイトならホワイト系バイトといえるでしょう。これらのポイントをもとに、居酒屋でのバイトを探す時にはホワイト系を探すようにしましょう。