ホワイト系バイトは時給ではなく安心感で選ぶ!

時給よりも安心感

最近学生のブラック系バイトの問題が深刻化してきています。ホワイト系バイトを探したい、でも見つからない!という人や、ホワイト系バイトは賃金が基本的にブラック系バイトより安いので生活していられない!という人もいると思います。ここでは、ホワイト系バイトとブラック系バイトの違いを説明し、ホワイト系バイトの特徴をお教えします。

ホワイト系バイトとブラック系バイトの違い

では、ホワイト系バイトとブラック系バイトはいったい何が違うのでしょうか。ホワイト系バイトとブラック系バイトでの顕著な違いは離職率の違いです。ブラック系バイトは給与はいいですがその分酷使されたり、残業が多かったり、過不足金を自腹で払う、ノルマ達成のために自分で買う…などと言った問題が数多くあります。そのため、まずブラック系バイトの求人は常に求人サイトに載っているといっても過言ではないでしょう。
反対に、ホワイト系バイトは給与は低くても待遇が良かったり、職場の環境が良かったりするのであまりやめる人がいません。そのためホワイト系バイトはほとんど求人サイトでは載っていなかったり、また募集が多いのですぐに募集を締め切ってしまいます。

どちらに就きたい?アンケート

バイトするなら時給1400円のブラック系バイトと、時給900円のホワイト系バイト、どちらに就きたいのかアンケートをとってみました。すると、ブラック系バイト:13%、ホワイト系バイト:87%という数字が出ました。これは、ほぼ90%の人がホワイト系バイトに就きたいということを示しています。
やはり、時給は低くても、待遇が良かったり、職場環境が良い企業を皆が求めているということです。アンケートの理由としては、安定した企業のほうがいい、という意見やブラック系バイトで働いていると精神的に壊れてしまいそう、精神的にダメージを負ってはお金で解決できない等、ブラック系バイトは精神的なイメージを負ってしまうからやめておきたいといった方々が数多くいらっしゃいました。

将来的に長い目で見ると有利なのは?

さて、ホワイト系バイトは時給があまり高くはない一方で、職場環境や労働環境はとても良いといったところが多いようです。そのため、一度ホワイト系バイトに就いてしまうとすぐにやめてしまうということやバイトを転々とするということがなくなります。これは将来的に履歴書に書くときにかなり有利になります。皆さんは学校などを親の転勤などで転校してしまった学生よりも、ストレートに学校を出ていた学生のほうが、成績が同じ程度の場合採用は有利になるということを聞いたことはないでしょうか。バイトもそれと一緒です。
言い方は悪いですが、企業はいかに自分の会社に尽くしてくれるのか、一生懸命になってくれるのかを見ています。ホワイト系バイトで期間を長く続けられていたということは、真面目で根気があるとみてもらえる可能性があるのです。目先の時給にとらわれないことで将来の就職に優位になるのです。