ホワイト系バイトは求人情報を比較して探すのがコツ

情報を比較して探そう

バイトを探すにはどのような方法があるのでしょうか。ここではバイトを探す上で使えるさまざまな媒体を紹介します。上手く利用してホワイト系のバイトを探してみてください。

バイト情報誌やフリーペーパー

まず紹介したいのはバイト情報誌で、求人が多数掲載されている冊子です。飲食店などで無料配布しているものもあります。掲載されているバイトの情報は非常に多く、インターネットが普及する前はとても人気がありました。お店が求人の掲載依頼をしてから実際に掲載されるまでには製本などの関係で日数がかかるため、インターネットの情報サイトに比べると情報の鮮度は低めになります。

会社やお店のホームページ

多くの会社がホームページを持っていますが、会社によってはホームページに求人情報を掲載しているところがあります。もし具体的に働きたいところがあるのであれば、まずはそこのホームページをチェックしてみるのが良いでしょう。全国チェーンの飲食店などであっても地域別、店舗別に求人情報を掲載しているところがあります。そこで調べれると、働こうと考えていた店舗よりももっと通いやすい場所に店舗を発見できたり、もっと良い条件の店舗を発見できたりするかもしれません。

ハローワーク

ハローワークに掲載されているのは正社員の求人情報だけではありません。バイトの求人情報も得ることができます。無料で求人情報が掲載できるため、掲載されている求人情報は多いようです。また、ハローワークにだけ掲載しているお店もあるため、掘り出し物のような発見があるかもしれません。ただし、中には採用したバイトがすぐ辞めていき、頻繁に求人を出しているところもあるようなので注意しましょう。

店頭の求人募集

具体的に働きたいお店や場所があるようでしたら、店頭の求人募集を参考にするのは良い方法です。いつも求人の張り紙をしているところはバイトが寄ってこないお店の可能性はあるものの、単純に予算の節約のためだったり、お店の雰囲気を実際に見てから判断してもらいたくて店頭に張り紙をしているという可能性もあります。店頭の求人の張り紙は、実際にそのお店や店員の雰囲気を見ることができるというのもメリットと言えるでしょう。

ネットのバイト情報サイト

ネットのバイト情報サイトの一番のメリットは、検索にあると言ってよいでしょう。時給や勤務地、働く時間といった「条件」で絞り込んで求人を表示させることができます。また、勤務地もわかりやすく表示されていたり、お店によっては中の様子がわかるような写真を掲載しているところもあるなどバイト情報サイトでは様々な情報を得ることができます。そして会員登録をすることでメールで情報を知らせてくれるサービスがあるなど、バイトを探す上で一番利便性の高いのがこの情報サイトと言えるでしょう。基本的に求人情報はすぐに掲載されますが、中には古い情報が載っていたりすることもあるようです。

おすすめのバイト情報サイト

・バイトーク
自分に合うバイトを探しやすい作り方になっているのがバイトークです。様々な検索条件を設定出来るため、絞り込みが簡単で使いやすいです。そして嬉しい特徴として、採用された際に祝い金が最大3万円支給されます。

  • バイトーク画像

・ワーキン
地方の方におすすめなのがワーキンです。地方媒体ですが冊子から携帯・PC・スマホサイトと幅広いメディアを持っており、地方媒体という特徴から掘り出し物のホワイト系バイトが見つかるかもしれませんよ。地方の方なら自分の地域が掲載されているかチェックしましょう。

  • ワーキン画像

・ビージョブナビ
東北の方はにおすすめなのがビージョブナビです。ワーキン同様地方の求人情報ということから自分の住んでいる地域のみを扱っていますので自分の地域の求人情報は豊富です。

  • ビージョブナビ画像